四季と子育てと食

2016年09月29日up

  1. ホーム
  2. 四季と子育てと食
  3. >
  4. 秋の冷え始めに「足湯」と「梅しょう番茶」

秋の冷え始めに「足湯」と「梅しょう番茶」

One Mile Projectへようこそ。
初めまして。直美と申します。

これから「四季と子育てと食」をテーマにコラムを担当させていただくことになりました。

私自身が毎日の暮らしのなかで実践しているあれこれや、気になることなどをみなさんとシェアさせていただきたいと思っています。

どうぞ宜しくお願いします。

さて、10月。秋ですね。

ここ数日は少し肌寒い日が続いて、すっかり秋ですね。
秋の気配が感じられるようになると、気をつけたいのは「冷え」です。

夜布団に寝ていてふと目を覚ましたときに、「あれ?足先が少し冷えている?」と感じることはありませんか。

「冷えは万病のもと」というように、冷えは風邪をひいたり、腹痛を招いたりするだけでなく、心理的にも不安感や、夜泣きといった現象を引き起こすそうです。

暗くなるまで外遊びをしていた日の子どもたちのからだ。
おかえりのハグで冷たいと感じたら、「足湯」をするとよいでしょう。

また、満月前後でもないのに夜泣きが続くようなとき、お母さんから離れられないようなときも、からだが冷えている可能性があります。

そんなときにもぜひ「足湯」を試してみてください。

足湯

足湯
子どもに足湯をするときには大人よりも湯温を低めに、そして浸かっている時間を短めにします。

絵本を読んだり、その日の出来事をお話ししながらゆったりとした気持ちで行いましょう。

また、子どもが嫌がったら無理強いをする必要はありません。
子どもは自分に必要なものとそうでないものがわかっていますので、嫌がるということは、からだの表面が冷たくても芯は暖かく足湯が必要でないのかもしれません。

  • ①洗面器に入浴温度より2〜3度高めの湯を張り、くるぶしまでつけた状態で約6分。
  • ②足を浸けている間にお湯が冷めてくるので、差し湯をします。
    熱湯は避け、子どもの足にかからないように注意しましょう。
  • ③時間がきたら足を上げて拭きます。(額にじわっと汗をかいたら早めに足を上げましょう)拭いた後、両足の色を比べて赤くなっていない方の足を更に2分お湯につけます。
    終わったらよく拭き、最後に常温の水を飲みましょう。

上の娘が小さい頃、寒い季節にもかかわらず、保育園の帰りに水たまりをバシャバシャなんてときには、「帰ったら足湯しようね♪」といいながらよく足湯をしたものです。

そんなことを繰り返していると、娘のなかで「寒い→足湯」という構図が出来上がり、寒いと感じると自ら「ママ、足湯しようか♪」と誘ってくるようになりました。

小さな女の子の口から「あしゆ」という言葉がでてくるたび、なんともいえないかわいらしさを感じたものです。

みなさんも親子でほっこり足湯じかんを始めてみませんか。

* 生野菜や果物、砂糖や水分をとりすぎることからくる冷えもあります。
その場合は、前述のものを控え、入浴の前後いずれかに梅しょう番茶や醤油番茶を飲むことで改善するでしょう。

梅しょう番茶

梅しょう番茶は冷え、風邪、腹痛、下痢などあらゆる症状に効果があります。これらの症状がなくても、毎日飲むのもよいでしょう。

材料(大人の分量。子どもに与えるときには体重比で量を調整してください) ・梅干し ・・・中1個
・しょうゆ ・・・小さじ1と1/2
・しょうが汁 ・・・2、3滴
・三年番茶 ・・・150〜200ml
作り方
梅干しを湯のみに入れて端でよく潰し、しょうが汁(またはしょうがおろし)としょうゆを加え、煮立っている番茶を注ぎ、熱いうちに飲みます。
(子どもは火傷をしないよう様子を見て 与えます)

参考文献

  • 子どものこころにふれる整体的子育て /山上亮
  • からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て /大森 一慧

著者プロフィール

naomi

ヨガインストラクターnaomi

会社勤務をしていたころ、心身に違和感を感じヨガを始める。 ヨガをする度にその違和感が消え、心と体が呼吸を通して一つになる心地よさを感じ、ヨガに魅せられる。 妊娠・出産を機に、女性の体の神秘やこどもの生まれながらにもっている能力に感銘を受け、ヨガがそれらの力を最大限に引き出すことができるツールであると実感する。 自身がヨガに受けた恩恵をできるだけ多くの方とシェアしたいと考えるようになり、現在は『女性のライフステージにそったヨガ』『こども達の成長にそったヨガ』のインストラクターとして活動している。 8歳と2歳の2児の母。 自然な育児を心がけ、自然療法・アロマセラピー・ハーブ・アーユルヴェーダ・気・タッチングコミュニケーションなど、本来の人がもつ力や可能性を大切にしながら日々を過ごしている。 http://underthetree.jimdo.com
contact facebook イベント募集中